お中元は義実家にしないといけないの?ストレス少ない付き合い方は?

シェアする!!

着物でお中元を届ける女性

お中元の時期が来ると、義実家に送らなければいけないのか・・・と憂鬱になるあなた。

  • 面倒だし、喜んでくれているのかどうかもわからない
  • いっそのことやめてしまいたい

と、もやもやしていませんか。

義実家にストレスを感じているお嫁さんはとても多いです。
でもこの先もずっと関係は続くわけですから、少しでもストレスなく付き合う方法を考えてみませんか。

私の経験も踏まえてお伝えしてきます。

お中元は義実家にしないといけないの?

お中元は、季節のご挨拶や日頃の感謝の気持ちですね。

「自立したら贈るもの」と、当然お中元はしなければならないと思っていませんか。

でもそれは、あなたの育ってきた環境がそうであっただけで、義実家で生活してきたご主人や義両親にはお中元を贈ったり贈られたりという習慣がないかもしれません。
逆に、もらいすぎてあり余り、いただいても困るということもあります。
「身内なのにお中元を贈るなんて他人行儀」と感じているかもしれません。

また、贈り物をいただいたら、礼状やお礼の電話をするのが当たり前ですが、それが苦手という人もいます。
「いっそのこと、もらわない方がいい」と言っているのを聞いたこともあります。

あなたの義実家はお中元を喜んでくれていますか?

結構、お中元をしていない人っているんですよ。
いろいろなパターンはありますが、贈らないという選択もアリなんですね。

「贈らなきゃいけない」と決めつけてしまわずに、過去に義実家へお中元を贈った際の態度を振り返ってみて、贈るべきか否か判断されるといいと思います。

ただ、お中元には先述の通り、「季節のご挨拶」や「日頃の感謝の気持ち」の意味がありますから、あなた自身がそれをしたいのかどうかが一番重要ではないでしょうか。
お中元は一度始めると長く贈り続けるものです。
あまり高価なものではなく、手軽なスイーツなどにすれば、負担も軽く、義実家も気を遣わずに済むと思います。

とにかく、あなた自身がやりたいかやりたくないか、考えてみるのもいいと思いますよ。

義実家がストレス?

旦那の実家にお中元を届けに行く女性

義実家の近くに住んでいる友人は、

  • 「しょっちゅう家に来られてうっとおしい」
  • 「顔を出さないと機嫌が悪い」

とよく愚痴を言います。

孫を連れて義実家に遊びに行き、自分はその間にショッピングや美容室に行ったりして楽しそうにしています。
義両親も嫁が不在の間、孫とたくさん遊べて嬉しいようですよ。

義実家が離れている友人も

  • 「何かにつけて電話してくる」
  • 「次はいつ帰ってくるのと聞いてくる」
とぼやいています。

【スポンサードリンク】

彼女はGW、お盆、お正月のすべてではないですが、帰省で義実家を訪れているようです。
年に数回しか顔を合わせなくてよいから楽でいいんじゃないかと思いますけれどね。

結局、近いか遠いかという距離の問題ではないんですね。
他人同士が結婚するんですから、その親ならなおさら理解できない部分が多いのは当たり前です。
価値観がぴったり合うなんて、奇跡なんですよ。

もしも義実家がストレスになっているとしたら、あなたが義実家に気に入られたい、よく思われたいと努力して頑張りすぎたからなのかもしれませんよ?
義両親がどう思うかなんて、あなたにはわからないことなのです。
それを感じるのは義両親なのですから。

  • 「こんなに頑張ってるのにどうして認めてくれないんだろう」
  • 「プレゼントをなぜ喜んでくれないんだろう」

私もよくそう感じていましたが、今では、価値観が違うんだからしょうがない。

  • 私がやりたいからやるんだ。

と割り切るようにしたら、ストレスを感じることも少なくなりました。

義実家との付き合い方は?

お中元の贈り物とうちわ

まずは義実家がどういう環境なのか、を知ることが大切です。

  • 私がやりたいからやるんだ。

それが重要です。
ご主人に兄弟姉妹がいれば、どうしているのかをリサーチするのが一番わかりやすくていいですね。
どっちつかずな場合は、とりあえず贈ってみて、ようすをみるのがいいと思います。

義実家に里帰りや遊びに行くときに、手土産として持参すると、生の反応を確認できますよ。

お中元に限らず、父の日、母の日、お歳暮、誕生日・・あげればキリがないですね。
すべてをやるのもよし、的を絞るのもよし、やらないもよし。

ご主人とちゃんと相談してみてください。
ご主人と決めたことなら心強いですね。

そこで義実家に対しては、あなたは一歩下がって、ご主人からの贈り物として贈るのもアリです。
贈らないと決めた場合はご主人から義両親に伝えてもらいましょう。

物を贈らなくても、暑中見舞いを出すとか、近況を伝える電話をするなど、気持ちを伝えることはできます。
良い嫁と思われるための努力はただの徒労に終わります。
それより血のつながった息子からの贈り物や電話を純粋に喜んでもらいましょう。

まとめ

義実家との関係は、本当に大変です。
いろいろな場面で頭に「???」が浮かぶことが多々ありますが、仕方ありません、他人なのですから。

でも長いお付き合いです。
できれば良好な関係を築いていきたいものですね。
大変だと思うから大変なのかもしれません。
自分がやりたいようにやればいいのです。

我慢をするからイラッともしてしまうわけで、極力無理や我慢をしない方向へ自分を持っていきましょう。
自然体のあなたはきっと好印象を与えます。

それが義実家との関係をよくしていくと思われます。

無理せず頑張りすぎずにいきましょう!

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です