美容整形で鼻を高くする方法は?病院選びと術後の腫れやダウンタイムについて

シェアする!!

美容整形を受ける女性のイメージ
子どもの頃って自分の顔を鏡で見た時1番気になるのって[目]じゃなかったですか?

しかし大人になるにつれ、気になって来るのって《鼻》だったりしますよね。

芸能人などが次々に整形しているのを見て気軽に出来そうだな、という気持ちになるのもわかります。

ただ鼻は失敗するとユガミが出て顔のバランスを崩すし顔の中心にあるので絶対に失敗はしたくないですよね。

キレイな鼻筋が欲しい、だから病院選びも重要な点。

プチ整形と本格的な物はどうなのか?痛くないのか?ダウンタイムも気になる、そんなもやもやにお答えします!

美容整形で鼻を高くする方法とは?

美容整形を受ける女性
目と目の間が低いと幼く見られるのがコンプレックス。

解らない程度でいいから鼻全体を高くして美人顔になりたいとそればかりを考えてしまうあなたへ。

美容整形では鼻を高くする方法は2つあります。順番に見ていきましょう。

①隆鼻注射(ヒアルロン酸注射)の特徴

 こちらの施術はいわゆるプチ整形と呼ばれるものになります。
 なりたい鼻筋、高さなどをドクターにこれでもかっていう位詳しく説明しましょう。
 そしたらドクターは頭の中でシュミレーションするのでしょうか、ヒアルロン酸注射を打つべき所に
 マーカーで印を付けていきます。そしてベットに横になり塗る麻酔をします。
 
 麻酔が効いてくるまではドクターと会話も出来る程です。ではヒアルロン注射をマーキングした所に
 少しずつ注射していき鼻の形を整えながらします。ここがドクターの腕の見せ所でしょうか。
 そしてある程度注射をしたら起き上がって鏡を見せられ「どうですか?」と聞かれます。
 この時はまだるりこさんあなたの理想にはなっていません。ですが1度見てもらい確認をします。
 それでいいわと思ったらそこで施術は終わりますが「あとここにもう少し注射をしたらこうなりますよ」
 とドクターアドバイスが入ります。「じゃ もう少し」となったらもう1度注入。
 だいたいこれで満足って方が多いですが「ヒアルロン酸が残っているのなら、もう少しして下さい」と
 言えばやってくれます。そしてまた形を整えて、これでお終いです。
 ここまで約10分です。どうです、簡単ですよね。
 

②隆鼻術(シリコンプロテーゼ)の特徴
 こちらはメスを使った施術になります。
 良く言えば童顔、悪く言えば平べったい顔の人がプチではなく本格的にと考えている方に
 お奨めの施術になります。
 こちらもカウンセリングの時はドクターになりたい鼻筋、高さを詳し~く話してください。
 ドクターが瑠璃子さんの鼻に合ったシリコンプロテーゼをハサミなどで修正してくれます。
 こちらも鼻の穴から注射麻酔をしていきます。これは歯科などで打ってもらう麻酔位の痛さなので最初の1刺しチクッとしますが、もう痛くないです。麻酔が効いてきたらメスやその他の器具を使い鼻の穴
 を1㎝~2㎝程切ります。鼻の奥まで処理をしそしてシリコンプロテーゼを入れていきます。(片鼻からだけです)
 一応溶ける糸で縫ってくれますが1週間後に抜糸があります。これは溶けなかった糸があったら抜く程度です。
 これで施術はお終いです。時間も30分もかからない位です。

美容整形 鼻の病院選びはどうする?

鼻の美容整形を受けた女性
どこで手術を受けるべきか?信用出来ないドクターは絶対いやだと思うのは当然です。

【スポンサードリンク】

でも、友達や親にもなかなか相談できるものでもないですよね。

信用出来ないドクターには施術してもらいたくない!!(当然ですよね)
でも友達とかに相談する勇気もない・・・(解る。解る!)

今や女性雑誌には美容整形の広告がたくさん載っています。
雑誌掲載の病院やクリニックは果たして信用していいのか?ってところで迷ってしまいますよね。
ボッタクリ病院などもありますから十分に注意が必要です。
提案ですが、美容外科は「学会」や「協会」に入っているのかどうかを調べて選ぶのがよいかと思います。
学会や協会にはルールがあり、それらをクリアしている病院というだけでも、ある程度信用出来るのではないでしょうか。
よそで施術を受けて 失敗された方がお直しに来られると言うのも良く聞く話です。
実は、有名所は意外と入っていない事が多いんですよ。
まずは自分が住んでいる地域の都道府県で学会や協会に入っている病院をピックアップしてみましょう。
そして電話で予約を取ってカウンセリングに行き、病院の雰囲気や医師の人柄なども肌で感じてみるとよいでしょう。

自分に合う、と思える病院を選ぶのがベストだと思います。

美容整形 鼻の術後 腫れやダウンタイムは?

どんな物でも口に入れる物でも作用があれば副作用もあります。

副作用に負けない身体であればそれは外に出て来ないで自然と吸収され作用の方が強く出ますのでいいのですが、たまにアレルギー体質なのに ドクターに言わずに施術をした、そして後で大変な事に!そんな愚かなことをしてはいけません。

本人は美意識が高いのでしょうが、身体の事を大切にしていない大バカ者ですわ。

そこで普段から飲んでいる薬を伝える(お薬手帳を持参する)アレルギーは無いか?大病はしていないか?
現在何かの病気で病院に通ってないか?などなど問診票がありますので、詳しく正直に書きましょう。

とにかく整形したいからと言って嘘をついてまでやる事ではありません。

ちゃんとドクターがそれを踏まえて判断してくれます。その為にも前章で述べた病院選びは大切なんです。

中には儲け主義の病院もあります。何かあってからでは遅いのです。

せっかくキレイになりたくて行くのに、腫れあがってしまって、菌が入り込み外に出れない様な事だけは
避けたいものですからね。

隆鼻術を2つ紹介しましたが、誰にでも起こる副作用は腫れと痛みです。

ヒアルロン酸は元々身体の中に存在する物質なので、こちらの施術は1年位はもつそうです。
そして徐々に身体に吸収されて元に戻ります。

シリコンプロテーゼの施術はその鼻が気に入れば半永久的です。
ですがやっぱり気に入らないという事であれば取り除く事も出来ます。

挿入の時よりは簡単で半分くらいの時間で元に戻す事が出来ます。

ダウンタイム・その他
ヒアルロン酸注射:腫れは当日からほとんど無し。お風呂もお化粧も当日からOK
シリコンプロテーゼ:大きな腫れが引くまでは2日後、約1週間でほとんど人前に出てもOKな位に
なります。本当に腫れが引いたね ってなるのには約6ヶ月はかかると思って下さい。

とは言ってもこの腫れは自分で見ても解らない程度の物なんですがね。たまに人の顔を観察するのが得意な人には見破られる可能性もゼロではないですね。

お化粧もお風呂も当日からでも大丈夫ですが、腫れがありますのでお化粧は三日後位にした方がイイですね。

またお風呂も温もりたいでしょうが、温める事で腫れやすくなるのでシャワーだけにする事ですね。

まとめ

今回は鼻筋を入れ高くする方法を紹介しましたが、鼻の美容整形は他にもたくさんあります。

鼻自体の形が嫌で形を整えたい、鼻の穴が大きく丸いのをが三角形状の穴にしたい。わし鼻 だんご鼻
と言い出したらきりがない位鼻には人それぞれの思いが在るようですが、くれぐれも整形中毒になるほど
にはなってもらいたくないですね。

「ここで止めておいたら良かったのに。。。」って方、いますものね。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です