年賀状の返事 喪中の場合は?喪中ハガキでいいの?切手は不祝儀用で?

シェアする!!

木のテーブルに置かれた葉書の表面とペン
喪中である旨を連絡していなかった人から故人あてに年賀状が来た場合、返事はどのようにすればいいのでしょうか。

家族の名義で書けばよいのか、喪中ハガキを使うのか、切手不祝儀を選ぶべきか、わからないことだらけですよね。

年賀状の返事 喪中の場合は?

喪中にいただいた年賀状の返事は、寒中見舞いで出すのが一般的です。

ご家族の名前で一月七日以降に出しましょう。

  • 書く内容
  • ・本人は亡くなったこと
    ・年賀状の御礼
    ・お知らせできなかったことへのお詫び
    ・これまでのお付き合いへの御礼

例文は以下のようになります。

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました。
○○儀 去る○○月○○日に永眠いたしました。
早速ご連絡申し上げるべき処でございましたが、ご通知が遅れましたこと深くお詫び申し上げます。
故人に代わりまして生前のご交誼に対し心より御礼申し上げます。

喪中ハガキで年賀状の返事をしてもいい?

黒い背景に置かれた3枚の官製はがき
あくまで寒中見舞いとしてお出しするので、喪中ハガキは使用しないほうがよいです。

【スポンサードリンク】

普通の官製はがきか私製はがきを使いましょう。

印刷した喪中ハガキが余っていてもったいないなと思っても、新たに葉書を用意してください。

喪中は年賀状の切手を不祝儀用にする?

両手でバツ印をつくるスーツ姿の女性
最後に悩むのが切手ですよね。

不祝儀用を選んだほうがいいのかな、と思うかも知れませんが、寒中見舞いですので不祝儀の切手でないほうがよいです。

弔事用の官製はがきですと、切手には胡蝶蘭の柄が印刷されています。

一目で弔事用とわかりますので、普通の官製はがきか弔事用でない切手を使用するようにしてください。

まとめ

喪中の対応というのはそう何度もあるものではありませんので、わからないことがあると戸惑ってしまいますが、解決できましたか。

故人あての年賀状の返事は寒中見舞をお出ししてください。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です