尾道ベッチャー祭りの見どころとは?鬼に泣き叫ぶ?感想は?

シェアする!!

高い所から見た塔がある尾道の街の風景
私が住んでいる尾道市には、秋祭りとして有名な「尾道ベッチャー祭り」というものがあります。

沢山の人でにぎわうこのお祭りの見どころは、ちょっと変わっています。

わが子を連れて訪れてみたいなと思っている親御さんの参考になるように、祭りの鬼たちのことや祭りの感想を書いてみたいと思います。

尾道ベッチャー祭りの見どころとは?

尾道ベッチャー祭りは、尾道民族文化財にも指定されている奇祭で、毎年11/1.2.3日に行われます。

最大の見どころは最終日の3日です。

「ベタ」「ショーキー」「ソバ」の面をつけた氏子たちと獅子が、神輿と共に尾道市の中心街を練り歩きます。

彼らは子どもたちを見つけると追い回したり、「ささら」や「祝棒」で頭を叩いたり、体を突いたりします。

「ささら」で叩かれると頭が良くなり、「祝棒」で突かれると子宝に恵まれると言われています。

また、一年間の無病息災の約束をされると言い伝えられています。

尾道ベッチャー祭りの鬼と子供たち

泣いている男の子の様子
尾道市内や尾三地区に住む子供を持つ親は、子供が小さいうちから、泣き叫ぶ我が子を氏子たちに叩いてもらう為にお祭りに参加します。

この3匹のベタ、ショーキー、ソバは、大人が見ても怖い顔や恰好をしているので、子供達は怖くて泣き叫びます。

【スポンサードリンク】

そして、お祭りに関係なく悪いことをした子供に「ベッチャー鬼さんのところに連れて行くよ!」と言えば素直に聞くくらい、尾道市内の小さな子供たちには恐れられている、鬼や天狗が子供たちを追い回すお祭りです。

私達家族も関西から尾道市に引っ越しをしてきたので、最初は何のお祭りかわからず参加したのですが、それはそれは大きなお祭りで、尾道市民は皆集まってきたのではないかと思うほどの人口密度になります。

その人数の中から、子供たちの泣き叫ぶ声があちらこちらから聞こえてくるのですから、すごいお祭りです。

尾道ベッチャー祭りの感想

大人達はちょっとその泣き叫ぶ声が可笑しく、そして半年はこのネタで子供たちを大人しくさせようとします。

そのため、出来るだけ近くに行って鬼達に叩かれようとするので、本当に将棋倒しになるのではないかというような興奮状態になってしまいます。

「ささら」「祝棒」はお祭り中、出店などにも売っているので、買って帰る方々もよく見ます。

尾道市のお祭りと言えば「ベッチャー祭り」と言われるほどの、大昔からあるお祭り。

本当に子供たちには恐れられているお祭りですが、氏子に選ばれようと年男になる為に青年クラブに入られる方もおられるそうです。

やはり、これからも受け継いでいかれる大人の尾道の男の人にとっても大切なお祭りなんだなと感じます。

まとめ

ロープウェイから見た尾道の街並み
もし、秋に尾道に来られる折には、11月の連休にも重なりますので合わせて来られるのも良いかと思います。

今は余り見られなくなった出店もたくさん出店しますし、尾道商店街の方々も協力してお店も出されますので一度おいでください。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です