入学祝いの内祝いは必要なの?時期はいつにする?相場は?

シェアする!!

桜並木を歩くパパ・ママ・女の子
お子様の大切な門出と成長を祝ってくださる周りの方々へ、親としても心を尽くしたいところです。

しかし、地域によっては、お子様が勉学に安心して励めるように、と援助の意味合いが込められていることからもお返しは不要というところもあるようです。

また一方「お祝いごとの喜びを分かち合う」ということから、お返しを兼ねて「内祝い」として贈り物をする地域もあるようです。

地域の習慣によって違いはありますが、お祝いしてくださった方々への心遣いはどうしたらいいのでしょうか?

入学祝いに内祝いは必要なの?

先にも述べたように地域によってはお返しとしては「不要」とする地域もあれば、喜びを分かち合い「入学内祝い」として送る場合もあるようです。

地域の習慣によりますので、ご両親や先輩ママなどに聞いてみることをお勧めします。

しかし、お相手との関係に応じた心遣いはあってもいいのではと思います。

「もの」にこだわらず、お子様の成長したようすのご報告を兼ねて、「入学内祝い」もご検討されてみてはどうでしょうか?

入学祝いの内祝い時期はいつ?

入学祝ののし袋
ご親戚やお付き合いのあるご家族に同年齢のお子様がいる場合、お互いに入学祝いと内祝いが重複するケースもあります。

「お返しは不要」など言われたときでも、「内祝い」をお渡しする時期に迷ってしまいます

【スポンサードリンク】

ではいつにお渡しするといいのでしょうか?

  • 「入学祝い」
    入学式前までに贈るものとされています。
  • 「入学内祝い」
    一般的に入学式後に贈ります。

入学式を日にちをあまり空けない方がいいので、入学式後1ヶ月以内を目安にします。

ただのお返しということでなく、お子様と一緒に訪問したり、お子様の成長を感じられるものなど付けるなどすることで、「お返し不要」とした方への心遣いにもなるのではないでしょうか?

入学祝いの内祝いの相場は?

一般的にいただいたお祝いの3分の1から半分程度を目安にお返しします。

高価なものや凝ったものではなく、日常に使えるような消耗品をお返しする場合が多いようです。

「お替えしは不要」という方の場合は、お贈りしない場合もありますが、お気持ちとしてお渡しする場合も、相手の心遣いを踏みにじらないよう、配慮した贈り物ができるといいですね

結婚祝や出産祝のように、名前が入ったこだわった品物を送ることは必要はないです。

まとめ

ピカピカのランドセルを背負う女の子
お子様の新たな門出と成長を喜んで贈ってくださった入学祝。

「内祝い」をお贈りする場合も、お子様の成長を感じられたり、いただいたお祝いを活用しているようすがわかるものを添えたりすることで、贈った方の気持ちに応えることにもなります。

ご親戚や身内の方への贈り物でしたら、お子様のお写真や頑張って書いたお礼状なども喜んでいただけるのではないでしょうか?

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です