茹でピーナッツのカロリーって?栄養は?ダイエットとの関係は?

シェアする!!

白背景に置かれた殻付きの茹でピーナッツ
ナッツがブームになっていますが、茹でピーナッツも美味しいものです。

生の落花生をいただいたときに、自宅で茹でて食べているという人もいるのでは。

美味しくてついつい食べ過ぎてしまいそうになる茹でピーナッツですが、カロリーはどのくらいあるのでしょうか。

茹でピーナッツのカロリーってどのくらい?

黒い電卓と黄色いメジャー
茹でピーナッツに使われるのは、乾燥させる前の未熟豆です。

カロリーは100グラムあたり288キロカロリーと高めです。

脂質23.5グラム、炭水化物12.3グラム、たんぱく質は11.9グラムです。

乾燥したピーナッツより茹でピーナッツの方がカロリーや糖質は少なくなりますが、総じてカロリーは高めなので、食べ過ぎには注意が必要ですよ。

美味しいからってどんどん食べていると太ってしまいますから、気を付けてください。

ゆでピーナッツの栄養は?

茹でピーナッツには、どんな栄養が含まれているのでしょうか。

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。

不飽和脂肪酸が含まれているので、血液をサラサラにしてくれたり、生活習慣病を防いでくれたりします。

カリウムは高血圧を改善してくれます。

血圧の管理に働きかけるナイアシン、パテント酸のほか、ビタミンB1や葉酸も含まれます。

貧血を防いだり、血管年齢が若返るといった効果があると言われています。

健康によい効果もたくさんありますが、カロリーが高いので、ゆっくり噛んで少しづつ食べるなどして、食べ過ぎを防ぎましょう。


茹でピーナッツとダイエットの関係は?

引き締まった体のラインを強調する女性の様子
「ピーナッツでダイエットが出来る」という話を聞いたことがあるかもしれません。

カロリーが高いのにどうしてダイエットになるのか、不思議ですよね。

ピーナッツにはビタミンB1が豊富に含まれているんですが、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあります。

また、ビタミンEによって血液のめぐりがよくなるので代謝が向上し、痩せやすい体質へと導いてくれます。

血液のめぐりが良くなるということは、冷え性の改善にもつながります。

食物繊維も豊富なので、便秘の改善にも役立ってくれます。

食べ過ぎに気をつければ、ダイエットの味方になってくれる食材なんです。

食べ方ですが、1日の適量は25から30粒くらいと言われています。

渋皮にレベストラールという成分が含まれているので、渋皮ごと食べるのがおすすめなのですが、茹でピーナッツの場合は渋皮は一緒に食べにくいかも知れませんね。

一度に30粒食べるのではなく、間食に10粒づつ分けて食べるのがおすすめです。

水を飲みながらゆっくり噛んで食べましょう。

結構お腹が膨れますし、腹持ちもいいですよ。

今までお菓子を食べていた間食をピーナッツに替えることでも、ダイエット効果が期待できます。

まとめ

茹でピーナッツのカロリーと栄養、ダイエットとの関係についてお伝えしました。

ピーナッツは栄養価が高くて、健康にもとても良い食べ物だとわかりましたね。

食べる量に気を付ければダイエットの味方になってくれますよ。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です