さっぽろ雪まつりはいつ?見どころは?ライトアップを楽しむには?

シェアする!!

さっぽろ雪まつりお城の雪像
さっぽろ雪まつりは、海外からも多くの観光客が訪れるほど大規模なイベントの一つです。

北海道の札幌市内の大通り公園をはじめとする3つの会場で開催されています。

そんな札幌雪まつりについて、開催時期や見どころ、ライトアップについてご紹介したいと思います。

札幌雪まつりはいつ?

今年の札幌雪まつりは67回目をむかえ、会場によって期間が異なります。

さっぽろ雪まつり 会場と開催期間

【大通会場・すすきの会場】
2016年2月5日(金)〜2月11日(木)
 ※ライトアップ時間
   大通会場は22:00まで
   すすきの会場は23:00まで(※最終日は22:00まで)

【つどーむ会場】
2016年2月5日(金)〜2月18日(木)
 ※ 開催時間 9:00~17:00

札幌雪まつりの見どころは?

さっぽろ雪まつり恐竜の氷像
大通り会場では、さまざまなモチーフの雪像氷像1.5kmもの区間に立ち並びます。

精巧に表現された展示物を歩きながら楽しめ、プロジェクションマッピング夜間のライトアップもあり、見どころ満載です。

<大通り会場>
場所:大通り公園 西1丁目~西12丁目

つどーむ会場では、雪で作られた長いすべり台や、ラフティングボーロをスノーモービルで引っ張ってもらい雪道を走り抜けるスノーラフトなど子どもから大人まで、自然の雪と触れ合うことができる体験型のイベントがあります。

【スポンサードリンク】

<つどーむ会場>
場所:札幌市スポーツ交流施設  コミュニティドーム(愛称:つどーむ)
   (札幌市東区栄町885-1)

すすきの会場では、氷の彫刻をメインとした氷像が展示されています。

歓楽街の真ん中に大中小の氷像が飾られ、美しい透明の彫刻がネオンに映え、幻想的な空間になっています。

<すすきの会場>
場所:南4条通りから南6条通りまでの西4丁目線(駅前通り)市道

札幌雪まつりのライトアップを楽しむには?

さっぽろ雪まつりライトアップされた雪像
大通り会場には、多くの雪像が飾られていますが、昼と夜では印象が異なります
夜はライトアップされ、昼間とは違ったロマンチックな雪の世界をみることができます。

複数の雪像ではプロジェクションマッピングが開催され、あまりの混雑ぶりで中止になったこともあるそうです。

また、2010年から初音ミクとのコラボのフェスティバルである「雪ミク」が開催され、衣装デザインは毎年テーマが変わります。

2016年は、“北海道の冬を楽しむウインタースポーツ”がテーマだそうです。

大通り会場間近で楽しむのもいいですが、さっぽろテレビ塔からは大通公園を見下す形で雪まつりを一望することができます。

  • 札幌テレビ塔 展望台の入場料

 大人  720円
 高校生 600円
 中学生 400円
 小学生 300円
 幼児(3歳以上)100円

<さっぽろテレビ塔>

所在地 北海道札幌市中央区大通西1
電話 011-241-1131

まとめ

札幌雪まつりでは、他にもグルメなどさまざまなイベントが開催され、楽しめるポイントがたくさんあります。

北海道の冬は寒いですが、札幌雪まつりはそんな寒さを忘れるほど、楽しいお祭りです。

雪があまり降らない地域では雪に触れ合う機会も少ないと思うので、これを機に北海道に足を運んではいかがでしょうか。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です