花粉症対策には体質改善がよい?注射は?舌下免疫療法とは?

シェアする!!

マスクと防護メガネを着用してアレルギー対策をする女性
近年増えてきた花粉症

毎日続く症状に、苦しんでいる人も多いと思います。

飲み薬に頼らずに花粉症対策をする方法はないか探しているあなたへ、根本的な部分での花粉症対策をいくつかご紹介したいと思います。

花粉症対策に体質改善しよう!

花粉症は治らない、とよく言われますが、いつの間にか症状が出なくなったという人もいます

引っ越しや生活の変化がきっかけになることもあるようです。

まず、日常生活でできる体質改善方法をいくつかご紹介したいと思います。

  • 食べ物で改善
 玉ねぎ、納豆、ヨーグルト、青魚がおすすめです。
 花粉症に効く成分である、ポリフェノール、乳酸菌、DHAが多く含まれているので、積極的に摂るようにしましょう。

  • 飲み物で改善
 煎茶、番茶、赤ワインがおすすめです。
 お茶には、ポリフェノールの一種である「茶カテキン」が含まれており、その含有量は煎茶番茶に多いです。
 淹れるときには、お湯の温度が高い方がよく抽出されます。
 赤ワインにポリフェノールが含まれていることはよく知られていますね。
 これも花粉症に効果を期待できますが、アルコールなので飲みすぎにはくれぐれも注意しましょう。

  • 運動で改善
 運動不足だと体温が下がり、免疫機能がトラブルを起こしやすくなります。
 あまり体を動かさない人は、日常生活に運動を取り入れるようにしましょう。
 外は花粉が気になるので、室内で運動するといいですね。
 ストレッチヨガ足踏み運動など、テレビを見ながら、あるいは、音楽を聴きながらできる運動は、無理なく続けられるのでおすすめです。
 外出が気にならない人は、朝の早い時間にウォーキングするといいでしょう。
 早朝は花粉の飛散が少ないので狙い目です。

【スポンサードリンク】

花粉症対策の注射による免疫療法とは?

注射・薬などのアレルギー対策
花粉症を根本から治す治療として、免疫療法というものがあります。

その一つが、スギ花粉が原料のエキスを注射で体内に入れて、体の中に抗体をつくる方法です。
ただし、この方法はスギ花粉にしか効きません

花粉の飛散が始まる数ヶ月前、遅くても12月までに始めます。
始めの半年ぐらいは、エキスの濃度を上げながら週1回注射をします。

その後は1ヶ月に1回の注射を3年以上続けます。

  • 通院の回数が多い
  • 注射の痛みがある
  • 副作用の心配がある
これらを理解した上で、根気強く続ける必要があります。

花粉症対策の舌下免疫療法とは?

同じく体内に抗体を作る方法に、舌下免疫療法というものがあります。

皮下注射と同様、効果はスギ花粉のみで、花粉飛散の数ヶ月前から始める必要があります。

1日1回舌の下にスギ花粉のエキスを噴射します。

これをまた濃度を上げながら、3年以上継続します。

処方してもらえば自宅で行えるため、開始から1年間は2週間に1度の通院1年過ぎると1ヶ月に1度程度の通院で済みます。

皮下注射に比べると、

  • 通院の回数が少ない
  • 注射の痛みもない
という理由から、普及するのではと期待されています。

こちらも長期間の治療になるので、根気強く続ける覚悟が必要になります。

副作用も皮下注射に比べると少ないとされていますが、完全ではありません

治療を考えている人は、そのことを踏まえたうえで、受けられるかどうか、耳鼻科に相談してください。

まとめ

マスクをはずして笑顔の女性
花粉症対策として、症状を抑える内服薬に頼らない方法をご紹介しました。

これらは即効性のあるものではないので、焦らずじっくりと取り組むことが大切です。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です