スプレー缶の捨て方 使い切ってない場合は?ムースは?中身は?

シェアする!!

スプレー缶を振って中身を確認する女性
年末の大掃除や卒業や転勤に伴う引っ越しでゴミが増える季節です。

簡単に捨てられるものもあれば、「これどうやって捨てるの?」と悩まされるものもあります。

スプレー缶もその中の一つです。

捨てたいけど捨て方が分からないスプレー缶がご自宅にありませんか?

スプレー缶をどのようにして捨てればよいのか?
ご紹介しますね。

スプレー缶の捨て方 使い切ってない場合は?

スプレー缶は

  • 中身を使い切ってから捨てる

のが基本です。

中身が残っていると、回収時に爆発が起こることもあります。
死亡事故につながったこともあり、大変危険です。

ゴミの分別は自治体ごとにルールが決められています。

  • 空にしたスプレー缶がどのゴミの種類になるか?
  • ガス抜きの穴開けが必要か?

は各自治体で異なります。

ぜひ、お住まいの自治体のゴミ分別マニュアルを読んで確認してください。
ガス抜き弁がついていて、簡単に穴開けができるものもありますが、穴開けは危険なこともありますので、気を付けてくださいね。

次にスプレー缶の中身の取り出し方について紹介していきます。

スプレー缶の捨て方 ムースが残っている時は?

スプレー缶噴射口のアップ

【スポンサードリンク】

  • ムース缶(シェービングクリームなど)
    ビニール袋に多めのティッシュペーパー、トイレットペーパーを入れて吸収させます。
    牛乳パックに紙を詰めて、その中に押し出すとべたべたせず、扱いやすいです。
  • パウダースプレー缶(制汗剤など)
    噴射ボタンを押し続けて中身を出します。
    ほとんどのスプレー缶は高圧ガスが使われていて、缶の後ろに「火気と高温に注意」と注意が促されています。
    中身を出すときは火の気のないところを選びましょう。
    また、ゴム手袋やマスクを着用し、薬剤が手についたり、吸い込まないようにしましょう。

スプレー缶の捨て方 中身が出せない時は?

噴射口が詰まっていたり、ガスが抜けていて中身が取り出せない場合もあります。

穴を開けて出す方法がありますが、先ほど紹介したように、スプレー缶に穴を開けるのを禁じている自治体もあります

困ったときはご自分だけの判断をせず、お住まいの役所のゴミ担当メーカーに相談してみることをお勧めします。
大量に中身が残っている場合、穴を開けると一気に噴出することもあります。

くれぐれもお気を付け下さいね。

まとめ

スプレー缶3本に手を伸ばす
スプレー缶にはガスが使われているので、捨てる際、手間がかかります。
その手間で回収時に起きるかもしれない危険を避けることができます。

その手間を省くためには、買ったスプレー缶を使い切るしかありません。
しかしながら、数回しか使わないこともよくあることです。

ご紹介したスプレー缶の捨て方が参考になれば嬉しいです。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です