巻き寿司の簡単な巻き方は?コツは?切り方を知りたい?

シェアする!!

巻き寿司を運んでくる女性
巻き寿司は、

  • 家庭で簡単に作ることができて
  • 見た目にも華やかなお寿司
です。

好きな具材を自由に入れて、家族や友人たちとおしゃべりしながら巻くと、楽しいコミュニケーションタイムにもなります。

そこで、初めて巻き寿司を作る方に、簡単なコツをお教えします。

節分の恵方巻きを作るのもこれでバッチリですよ!

巻き寿司の簡単な巻き方は?

それではさっそく、巻き寿司の作り方を説明していきます。
ポイントをおさえれば、誰でも簡単にできますから、やってみてくださいね。

  • 酢飯と全形海苔とお好みの具材を揃えたら、「巻きす」の一番下と海苔の一番下を揃えて重ねます。
    海苔はザラザラした面を表面にしてください。
  • 手を軽く水で濡らしたら、酢飯を大人の手で「大きく一握り」分海苔の中央部分にのせます。
  • 海苔の上部から3cmはあけておき、それ以外の部分に酢飯を優しく広げます。
    ところどころ海苔の黒いところが見えるくらいに、薄めに酢飯を広げるのがコツです。
    なんだか少ないな、と思っても、酢飯はたくさんのせないようにしましょう。
  • 海苔の横幅に合わせて、切った具をのせます。
    海苔の中央よりほんの少し下の部分に横にして置いてください。
    具材をいくつか入れるときは、重ねてしまってかまいません。
    ツナ缶を使いたいときは、缶の中の油や水分をキッチンペーパーなどでしっかり吸い込むか絞りとってから使いましょう。

巻き寿司の巻き方のコツは?

具材をのせ終ったら、いよいよ巻き巻きタイムです。

【スポンサードリンク】

  • 巻きすと海苔がずれないように、下から上に向かって巻きます。
  • 巻きすの下の部分が具材を隠したところで、巻きすの中央から両手で軽く、両端に向かってキュッキュッと締めて行きます。
  • 2回ほど軽く締めてください。
  • 残りの部分を巻きます。
  • 全てがくるりと巻けて海苔のつなぎ目が下になったところで再び、巻きすの中央から両端に向かって軽く2回ほど締めてください。
  • 巻きすから巻き寿司を取り出して、海苔と酢飯がしっかり馴染むまで、お皿などに置いておきましょう。

恵方巻きとしてそのままパクリと食べたい時は、そのまま召し上がってください。
巻き寿司をきれいな輪切りにして食べたい時は、次の「切り方のコツ」をご覧ください。

巻き寿司の切り方のコツは?

巻き寿司を切っているところ
包丁は乾いたものを使います。
そして清潔な濡れ布巾を用意します。

  • 乾いたまな板の上に、巻き寿司を横方向に1本のせます。
  • 海苔のつなぎ目が真下に来るようにしてください。

    どの幅で切るかは自由ですが、ここでは1本を8等分に切る方法をご紹介します。

  • まず、巻き寿司の中央を切るのですが、包丁は前後に細かく動かしながらゆっくり切りましょう。
  • 一番下の海苔が重なっていますので、下のところに来たら、ザックリとしっかり海苔を切るようにしてください。
  • 包丁についた酢飯のベタベタを、濡れ布巾できれいに拭き取ります。
  • 次に2等分した巻き寿司の中央をそれぞれ切ります。
  • 一回切るたびに包丁は濡れ布巾できれいにするのがポイントです。

そうしていくと、最終的にはきれいな8個の輪切り巻き寿司ができ上がります。

まとめ

美しい巻き寿司の写真
以上、ご紹介した方法で、意外にもきれいな巻き寿司が簡単に作れます。

いろいろな種類の巻き寿司をきれいに盛り付けると、節分、お誕生日会、クリスマスパーティなど、いろいろな場面で華やかな食卓になること間違いなしです。

素敵な「巻き巻きタイム」をお楽しみください。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です