冷え性になるメカニズムってどうなっているの?原因は?対策は?

シェアする!!

冷え性を気にする女性たち
空気が冷たくなる季節になると、悪化していくのが「冷え性」です。

  • 服をたくさん着ても手足が冷える
  • 布団をかけても足が冷たくて眠れない

などの症状が出るのはつらいですよね。

そこで冷え性はどういう仕組みで起こるのか解説し、原因と対策を紹介します。

冷え性になるメカニズムってどうなっているの?

なぜ冷え性になるのか、解説していきますね。

私たちは生命を維持するために、中心部の内臓の温度を約37℃に保とうと体温調節をしています。

暑いときは末端部分の血管を拡張させて熱を逃がし、それでもさらに暑ければ汗を出すことで体温を調節します。

反対に、寒いときは末端の血管を収縮させ、心臓など大事な内臓の温度を上げようと、中心部に血液を集めて体温を維持します。

しかし中心部に血液を集めてしまうと、手先や足先などの末端部分に血液が巡らなくなるので、温度が下がり、手先や足先が冷たくなるのです。

この体温調節機能になんらかの原因でトラブルが起こり、冷え性が起こってしまうのです。

冷え性になる原因は?

冷え性を気にして足をマッサージする女性
冷え性の原因はいくつかあるので紹介しますね。

1つ目は現在の環境です。

【スポンサードリンク】

寒ければ暖房を入れ、暑ければ冷房を入れるのが普通の生活になっているので、温度を感じる神経が鈍くなってしまい、周囲の温度が少しでも下がると、すぐに「寒い」と脳に伝達し、血液を中心部に送るため、冷え性になってしまいます。

2つ目は自律神経がきちんと機能しなくなっていることです。

強いストレスを感じると、交感神経と副交感神経が影響を受け、うまく機能しなくなります
血液のコントロールができなくなると、血液の流れが乱れ、冷え性が起こってしまいます。

冷え性の対策は?

冷え性対策に効果がある生姜や紅茶
やはり温めることが一番の対策です。

  • 食べ物に注意する

    身体を冷やしてしまう食材(トマト、キュウリ、スイカ、梨など)を極端に多く食べないようにする。

    身体を温める食材(根菜類レンコン、ゴボウ、生姜など)を積極的に食べるようにする。

  • 日常に運動を取り入れる

    筋肉量が増えると血液を送り出す力も強くなり、基礎代謝が活発になり、熱を生み出しやすくなるので、冷え性が改善されやすくなります。

  • お風呂にゆっくり入る

    シャワーではなく、身体の芯から温めるように入浴するだけで、冷え性の改善が期待されます。

    入浴にはリラックス効果もあるので、ストレスの緩和に役立ちます。

まとめ

冷え性は血液の循環に大きく左右され体温調節機能が正常に働かなくなると起こります

日頃から運動で筋肉量を増やし、冷たい物を大量に食べたり飲んだりせず、ストレスを溜めないようにして、冷え性を予防してください。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です