冷え性に足湯はいいの?効果があるの?時間はどのくらい?

シェアする!!

足湯に足を浸してほっこりする男の子
温泉に行くと、よく温泉の外に「足湯」という看板がかかっていて、座って足湯を楽しんでいる人を見かけますよね。

そのときに書かれているのが「冷え性に効果」という文字です。

足を温めるだけで、冷え性に本当に効果があるのでしょうか

今回は、足湯が冷え性にどんな効果があるのか、調べてみたいと思います。

冷え性の人に足湯はいいの?

自宅で足湯効果を楽しむ女性
足湯は身体によいということで、いつからかブームになりましたね。
今では家庭用の足湯の機器まで販売されている人気ぶりです。

私も温泉街ではなく接骨院で試したことがあるのですが、すごく気持がよく、身体が温まったのを覚えています。

しかし、どうして足を温めるだけで、こんなに全身が温まるのでしょうか

血液は全身を巡って体温を維持しますが、手先や足先などの末端の部分は、心臓から遠いため、血行が悪くなります

足湯で足先を温めることで、血管が拡張し、血行がよくなります
すると血液がスムーズに身体のすみずみまで巡るようになるので、身体全身が温まるというメカニズムです。

冷え性以外にも足湯の効果はあるの?

身体が温まることによって、冷え性以外にも効果があることがわかっています。
いくつか紹介しますね。

  • 肩こり
  • むくみ
  • ストレス
  • 不眠
  • 自律神経の乱れ
  • 疲れ
  • 肝機能や腎機能の活性化

などの改善が期待されます。

これらに共通しているのは、血行がよくなると症状が改善されるという点です。

血管が拡張して、内臓の血液量が増えて活動が活発になると、老廃物の排出がスムーズに行われるので、代謝や免疫力が上がります

【スポンサードリンク】

足湯から熱が供給されるので、内臓から熱を生み出す働きも少なくて済むようになります。
その力を免疫力をパワーアップするエネルギーを使えるので、体調がよくなっていくのです。

冷え性に効く足湯の時間は?

温泉地の足湯で温まる人たち
足湯が血行をよくし、身体の不調を整えてくれるとわかったところで、家庭で簡単にできる足湯のやり方を紹介します。

注意するべきポイントは、時間と温度です。

せっかく足湯をして身体を温めるつもりが、少しの間違いで反対に冷えてしまう場合があるので、注意が必要です。

<用意する物>

  • 両足が入る容器
  • バスタオル

<やり方>
お風呂場なら、お湯もその場で入れることができ、片付けも流すだけで簡単です。
リビングなどでやる場合は、お湯がこぼれる場合もあるので、器の下にバスタオル敷くようにします。

  • 両足が入る大きさの容器に40℃から42℃くらいのお湯を注ぐ
    かなり大きめの器が必要です。
    ふくらはぎの下位まで、お湯を注いでください。
  • 足を15分位浸けてから上げ、足を拭いて靴下を履く
    ここでの注意点は時間です。

    お湯は一定の温度を保ちたいので、長く浸かっていると温度が下がってきます。

    下がった温度で足湯をし続けると、逆に冷えてしまうので注意してください。

    もし身体のポカポカ感が感じられない場合は、足し湯をして20分位までには終了するようにしてください。

  • その後は常温のお水を飲んで水分補給をしてください。

まとめ

私も足湯経験がありますが、本当に気持がよく、身体を芯から温めてくれる感じで全身がホンワカした感じがしました。

特に下半身が温まった感じがしました。

そのときは家庭でも実践しようと思ったのですが、大きな器がなかったため断念しました。
最近では足湯用のバケツがホームセンターなどで販売されています。

気持ちもリラックスでき、冷え性も改善できると思うので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です