花粉症と風邪の違いは?症状は?季節に関係があるの?

シェアする!!

花粉症対策の眼鏡とマスクをする女性
冬から春になるころは、温度が低くなったり高くなったり、大きく変動して、身体の不調を訴える人が多くなってきます。

特に風邪を引く人が多いです。
春が近付いてくると、花粉も飛んでいるので、花粉による不調か、風邪なのか、わからなくて悩んでしまいますよね。

そこで、花粉症か風邪か症状で判定できるようにしたいと思います。

花粉症と風邪の違いは?

マスクをして頭痛も感じている女性
ここでは、

  • 花粉症がなぜ起こるのか?
  • 風邪はどんなふうにしてかかるのか?

を調べてみます。

人間は菌やウィルスに対して免疫を持っていて、一度抗体ができると次からかかりにくくなります。

これに対して、アレルギー反応は一度かかっても弱くならずに、余計に反応が高まります。

花粉にアレルギーがある人は、花粉が体内に入ると異物と認識して、反応を起こします。
花粉を異物と確認し、排除しなければならないと判断したときに、IgE抗体という物質ができて、再び花粉が体内に入ると、この反応が起こり、いち早く排出しようとし、くしゃみや鼻水、涙が出るのです。

それでは風邪の症状はどうして出るのでしょうか?

風邪のほとんどがウィルス感染です。
花粉症との違いは、風邪は私たちの抵抗力によって、感染するかしないかに分かれます。
抵抗力が低下しているときは、ウィルスに感染してしまいますが、抵抗力があるときには、感染しません。

つまり、2つの大きな違いは、

  • 花粉症は自分自身では抑えることができない
  • 風邪は自分自身で防ぐことができる

という点です。

【スポンサードリンク】

花粉症と風邪の症状ってどこが違うの?

花粉症と風邪の症状を紹介しますので、ご自身の症状と比較してみてください。

  • 花粉症
    ほとんどの場合、熱はなく、もしあったとしても、高熱にはならずに微熱程度です。
    鼻水状態はサラサラして水っぽい透明です。
    クシャミは連続して何度も出ます。
    鼻づまりの症状はひどく、両方の鼻が詰まってしまう場合もあります。
    目のかゆみはずっとかいてしまうほどです。
  • 風邪
    ウィルスにもよりますが、微熱から高熱が出ます。
    鼻水は初めはサラサラの鼻水ですが、次第に粘り気のある鼻水や色のついた鼻水に変わっていきます。
    くしゃみが出る場合もありますが、頻繁に何度も繰り返し出ることはありません。
    鼻づまりもありますが、両方の鼻が同時にずっと詰まっていることは少ないです。
    目のかゆみはありません。

花粉症と風邪は季節に関係があるの?

マスクをして困った顔をする女性
花粉症と風邪には症状が異なるので、区別がつきやすいと思いますが、ここでもう一押し、季節を説明したいと思います。
花粉症と風邪の違いは、季節でもわかるので参考にしてみてください。

  • 花粉症
    花粉症は花粉が飛んできて体内に侵入しておこるので、発症するのは花粉が飛ぶ時期です。
    ・春(花粉の種類にもよりますが一般的には2月~5月)
    ・夏(4月~7月)
    ・秋(8月~10月)
    ・冬は一般的には少ないが、天気次第で12月でも1月でも飛ぶ花粉がある
  • 風邪
    風邪は比較的秋から冬にかかる場合が多いです。
    ウィルスは、気温が低く乾燥していると活発になるからです。

まとめ

花粉症と風邪の違い、わかっていただけたでしょうか?

冬はほとんど花粉が飛んでいないので、風邪と判断できますが、春と秋は一番勘違いしやすいのではないでしょうか?
初めて花粉症にかかった人も、風邪と間違ってしまう場合がありますよね。

花粉症?風邪?と悩んだときには、参考にしてチェックしてください。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です