花粉症で妊娠したら薬や目薬や漢方は使用してもいいの?

シェアする!!


花粉が飛ぶ時期になると、花粉症の人は大変につらい時期に入ってきます。

そんな中で妊娠したらどうしますか?

花粉症の治療には薬の服用で症状を抑えている人は大勢います。
しかし、妊娠中はどうでしょうか
安全なのでしょうか?

花粉症で妊娠した人は薬を飲んでもいいの?

花粉症の症状で悩んでいる人の大半は、病院で治療を受けたり、市販薬で症状を軽減しています。
そうしなければ、鼻水はタラタラ、目はシバシバし、仕事も家事もできたもんではありません。

しかし薬は体調が整っているときに飲むのが基本です。
風邪をひいているときなど、通常の体調でないときには飲めません。

そうすると、妊娠している人は通常の花粉症の薬を飲まないのが正しいと思います。

胎内の赤ちゃんはお母さんの一部なので、飲食したものは赤ちゃんの栄養になります。
薬も同じで、赤ちゃんに影響がないとは言い切れないからです。

特に妊娠の初期は赤ちゃんの身体が作られていく段階なので、この時期には薬を飲まない方が無難です。

しかし妊娠中期以降は妊娠中でも服用できる薬があります。

  • ボララミン
  • アレグラ錠
  • クラリチン

などは、比較的安心で、病院で処方してくれる場合が多いです。
自分の意思で市販薬を服用することは絶対にせずに、主治医に相談して決めてくださいね。

つらいですが妊娠初期は薬を飲まずになるべく外出を控え、外出するときは花粉がつきにくいサラサラした生地の服や帽子、マスクや眼鏡で花粉対策をして出掛けてください。

花粉症の目薬はしてもいい?

病院を受診する妊婦
薬が飲めないと症状は改善せず、目のかゆみも大変だと思います。

【スポンサードリンク】

そこで調べてみたのですが、妊娠初期の場合でも、目薬や点鼻薬は比較的安心して使えるそうです。
部分的に使うので、赤ちゃんへの影響はほとんどないとされているからです。

薬で軽減できないのなら、せめて目のかゆみと鼻の症状だけでも軽く済ませたい人は、病院で一度相談してみてください。
病院に行くときには、今まで使用していた目薬や点鼻薬を持っていって確認すると、もしかしたら使えるものもあるかもしれません。

市販薬を購入する場合には、成分表示を必ず確認してください。
成分にプラノポロフェンが配合されている物は、出産を遅らせる可能性があるので、念入りに確認してください。

花粉症には漢方がいいらしい?

目薬をさす女性
花粉症の症状が目薬や点鼻薬でも効果がなく、ストレスでどうしようもないときには漢方がいいと聞いたことがあります。
漢方は自然由来の成分で作られているので、身体には比較的優しいです。

妊娠中の漢方でよく処方されているのが「小星竜湯(しょうせいりゅうとう)」です。
漢方は長期間使用しないと効き目がない感じがしますが、小星竜湯は即効性がある漢方なので、症状の改善に役立ちます。

薬局などでも簡単に購入できますが、できるなら病院で処方してもらう方が気持ち的にも安心ですよね。

病院でも花粉症治療で漢方を使うところは多いです。
それに病院で処方してもらうと保険が適用されるので、薬局で購入するよりも金額を抑えられます。

まとめ

花粉症はつらいものです。
特に花粉症の人が妊娠した場合は、赤ちゃんへの影響もあるので、我慢しなくてはいけない部分が多くあります。

でも妊娠4ヶ月頃になると赤ちゃんへの影響も少なくなるので、花粉症の薬を処方してくれる病院も多くなってきています。
主治医の先生と相談しながら乗り切って、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

♪今注目の酵素グッズ♪

シェアする!!

フォローする!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です